No 処方名 気血水/陰陽/虚実
(詳細は下部をごらんください)
五臓
(詳細は下部をごらんください)
使用のポイント
5 安中散 気滞 肝 ・ 脾 空腹時痛・胸やけ
6 十味敗毒湯 水滞 湿疹(化膿性)
7 八味丸 陽虚 加齢の伴う変化
8 大柴胡湯 気滞 肝 ・ 脾 ・ 肺 柴胡剤  肝機能・うつ
9 小柴胡湯 気滞 肝 ・ 脾 ・ 肺 柴胡剤  免疫異常・炎症
10 柴胡桂枝湯 気滞 肝 ・ 脾 ・ 肺 柴胡剤  小柴胡湯 +かぜ症状
12 柴胡加竜骨牡蛎湯 気滞 肝 ・ 脾 ・ 肺 柴胡剤  不眠・イライラ
14 半夏瀉心湯 水滞 脾 ・ 肺 悪心・嘔吐・下痢
15 黄連解毒湯 水滞 肝 ・ 心 ・ 肺 湿熱をとる。鼻血・二日酔い
17 五苓散 水滞 脾 ・ 腎 浮腫・二日酔い
戻る
No 処方名 気血水/陰陽/虚実
(詳細は下部をごらんください)
五臓
(詳細は下部をごらんください)
使用のポイント
18 桂枝加朮附湯 気虚 体表の痛み・しびれ・こわばり
19 小青竜湯 水滞 鼻水・咳
20 防已黄耆湯 水滞 水太り・汗かき
22 消風散 津虚 脾 ・ 肺 皮膚炎
23 当帰芍薬散 血虚・水滞 肝 ・ 脾 月経・更年期・不妊
24 加味逍遥散 血虚・気虚・水滞 肝 ・ 脾 月経・更年期
25 桂枝茯苓丸 血滞 肝 ・ 心 ・ 脾・ 肺 ・ 腎 駆血滞剤  月経・更年期・打撲・冷えの血流改善
26 桂枝加竜骨牡蠣湯 血虚・気虚 肝 ・ 脾 ・ 腎 虚弱者の神経症・無気力
27 麻黄湯 実寒 かぜ・インフルエンザ
28 越婢加朮湯 水滞 脾 ・ 肺 浮腫・花粉症・関節
戻る
No 処方名 気血水/陰陽/虚実
(詳細は下部をごらんください)
五臓
(詳細は下部をごらんください)
使用のポイント
29 麦門冬湯 津虚 脾 ・ 肺 痰の少ない咳
30 真武湯 実寒・気虚・水滞 脾 ・ 肺 慢性下痢・疲労
31 呉茱萸湯 陽虚 気虚・水滞 片頭痛・しゃっくり
32 人参湯 陽虚 下痢腹痛・四肢冷え
34 白虎加人参湯 実熱 脾 ・ 肺 多汗・口渇・ほてり
35 四逆散 気滞 肝 ・ 脾 憂鬱、精神的ストレス
37 半夏白朮天麻湯 気虚・水滞 脾 ・ 肺 寒冷・湿気による頭痛・嘔吐・めまい
38 当帰四逆加呉茱萸生姜湯 実寒 肝 ・ 脾 四肢の冷え・しもやけ
39 苓桂朮甘湯 気虚・水滞 肝 ・ 脾 ・ 腎 めまい・動悸
40 猪苓湯 水滞 膀胱炎
戻る
No 処方名 気血水/陰陽/虚実
(詳細は下部をごらんください)
五臓
(詳細は下部をごらんください)
使用のポイント
41 補中益気湯 気虚 脾 ・ 肺 倦怠感・食欲不振
43 六君子湯 気虚 脾 ・ 肺 胃の症状
48 十全大補湯 血虚・気虚 肝 ・ 心 ・ 脾 肺 ・ 腎 病後の体力回復・免疫能
51 潤腸湯 津虚・血虚 肝 ・ 心 ・ 脾・ 肺 便秘
53 疎経活血湯 水滞 肝 ・ 脾 冷えと血滞による関節痛、運動障害
54 抑肝散 気・血・水滞 肝 ・ 脾 神経過敏・イライラ・興奮
57 温清飲 血虚 月経・更年期・口内炎・陰部潰瘍
60 参蘇飲 水滞 脾 ・ 肺 気滞 かぜ・長引く咳
61 桃核承気湯 血滞 肝 ・ 心 ・ 脾・ 肺 駆血滞剤  月経・更年期・便秘
62 防風通聖散 水滞 肥満・便秘
戻る
No 処方名 気血水/陰陽/虚実
(詳細は下部をごらんください)
五臓
(詳細は下部をごらんください)
使用のポイント
63 五積散 水滞 脾 ・ 肺 寒冷・湿気による腰痛・下肢痛・下腹部痛
64 炙甘草湯 陰虚 肝 ・ 心 ・ 脾 肺 ・ 腎 気虚・血虚・津虚 動悸・息切れ
70 香蘇散 気虚 肝 ・ 脾 ・ 肺 うつ
71 四物湯 血虚 貧血
72 甘麦大そう湯 血虚 夜泣き
74 調胃承気湯 血滞 ・津虚 脾 ・ 肺 熱性疾患・高血圧・便秘・腹痛
76 竜胆瀉肝湯 水滞 肝 ・ 心 ・ 腎 排尿痛・骨盤内の炎症
79 平胃散 水滞 食べ過ぎ
86 当帰飲子 血虚 湿疹・かゆみ・乾燥肌
87 六味丸 陰虚 腰・下肢のしびれ脱力、疲労・排尿障害
戻る
No 処方名 気血水/陰陽/虚実
(詳細は下部をごらんください)
五臓
(詳細は下部をごらんください)
使用のポイント
89 治打撲一方 血滞 肝 ・ 脾 駆血滞剤  打撲
91 竹じょ温胆湯 気滞・水滞 脾 ・ 肺 咳や痰が多く安眠できない、不眠、動悸
93 滋陰降火湯 陰虚 脾 ・ 肺 夕~夜の咳
95 五虎湯 水滞 咽頭痛・咳・喘息
99 小建中湯 気虚 小児虚弱体質
100 大建中湯 気虚・津虚 心 ・ 脾・ 肺 腹部の冷え、腹満、通過障害
105 通導散 水滞・ 血滞 駆血滞剤  月経・更年期・不眠・不安・頭痛
106 温経湯 陽虚 肝 ・ 脾 ・ 肺 更年期・手のほてり・足腰の冷え
107 牛車腎気丸 陽虚 下半身浮腫 しびれ
111 清心蓮子飲 気虚・水滞 心 ・ 脾・ 肺 残尿感・頻尿・排尿痛・不眠・多夢
戻る
No 処方名 気血水/陰陽/虚実
(詳細は下部をごらんください)
五臓
(詳細は下部をごらんください)
使用のポイント
124 川?茶調飲 気滞・血滞 肝 ・ 肺 習慣性頭痛・かぜの頭痛
126 麻子仁丸 津虚 脾 ・ 肺 津虚 便秘
127 麻黄附子細辛湯 陽虚 肺 ・ 腎 虚弱者のかぜ
133 大承気湯 実熱・気・血・水滞 脾 ・ 肺 腹満、腹痛、便秘、高血圧、食あたり
134 桂枝加芍薬大黄湯 血虚・気虚 肝 ・ 脾 便秘、しぶり腹、腸炎
137 加味帰脾湯 血虚・気虚・水滞 心 ・ 脾 不眠・うつ
 
【気血水/陰陽/虚実の症状】
①気虚
元気がない、疲れやすい、汗をかきやすい、口数が少ない、声に力がない、息切れする、日中に眠くなる、夜寝付きが悪い
驚きやすい、咳や痰が続く、食欲がない、食べるとおなかがはる、便通異常、立ちくらみ、ふらつき、脱肛、憂鬱、四肢のしびれ

②気滞
お腹がはる、胸がつかえる感じ、場所の変わる痛み、排尿困難、残尿感、細い便、呼吸困難、嚥下困難

③血虚
顔色が悪い、皮膚につやがない、頭のふらつき、目のかすみ、目のつかれ、爪がもろい、脱毛、しみ・肌荒れ、不眠、夢をよく見る、
思考力低下、物忘れ、いらいら、筋肉のけいれん

④血滞・血滞
出血、皮下出血、紫斑、血腫、場所の決まった痛み、うっ血、血管拡張、色素沈着、月経異常、月経痛、不正性器出血、冷えのぼせ

⑤津虚
口渇、水分をほしがる、寝汗、皮膚の乾燥感、咳、切れにくく粘ちょうの痰、のどのイガイガ感、胸やけ、便が硬い、便秘

⑥水滞
むくみ、こわばり、四肢やからだがだるい、頭重感、しびれ感、痙攣、水様便・下痢、鼻水、痰が多い、おりもの、水膨れ、
めまい、乗り物酔い、悪心・嘔吐、腹部膨満感、尿が少ない

⑦陰虚
血虚・津虚の症状に加え、ほてり、のぼせ、口渇を伴う、体を冷やす陰(血・水)が不足し、熱エネルギーが制御できなくなった状態で、血虚・津虚に熱が加わった状態。

⑧実寒
顔色が白い、暖房・温かい飲み物を好む、悪寒、尿が近い、軟便、月経遅い、寒い環境や、冷たいものの摂取によりからだが冷えた状態。

⑨陽虚
気虚の症状に加えて冷えを伴う。顔色が白い、暖房・温かい飲み物を好む、悪寒、尿が近い、軟便、月経遅い、
熱エネルギー(気)が不足し、人体の機能・代謝・循環が低下した状態で、熱エネルギーが不足するため相対的に寒となる。

⑩実熱
顔色が赤い、冷気・冷たいものを好む、口渇あり、おりもの・尿が少ない、月経早い、尿が少ない、尿が濃い、硬い便
熱エネルギーが蓄積し、体全体の熱っぽさ、精神の高ぶり、口内炎など熱性の症状がおこる。現代医学でいう炎症にあたる。
 
【五臓の症状】
①肝
アレルギー、こり、かゆみ、こわばり、目の症状、筋肉の痙攣麻痺、ストレス、不眠、肥満、肌荒れ、月経異常、血圧異常

②心
興奮、不眠、夢を見る、ヒステリー、神経衰弱、灼熱感、味覚異常、口内炎、口渇、口が苦い、ほてり、のぼせ、食欲不振、肥満、冷え、ストレス、出血、貧血、血圧異常、動脈硬化

③脾
嘔吐・下痢、食欲不振、むくみ、腹痛、肥満、やせ、歯痛、歯肉異常、口内炎、唾液過多、口渇、筋肉の痙攣、倦怠感、ストレス、胃潰瘍、糖尿病、黄疸

④肺
口渇、かぜ、喘息、咳、肺炎、鼻閉、鼻水、出血、発疹、湿疹、じんま疹、多尿、多汗、寝汗、便秘・下痢、冷え、浮腫、ストレス

⑤腎
冷え、四肢冷感、鼻水、痰、下痢、おりもの、耳鳴り、難聴、中耳炎、めまい、骨髄炎、痛風、白髪・脱毛、下半身の倦怠感、
免疫疾患、ホルモン異常、精力減退、性機能異常、排尿障害、残尿感、夜間排尿、かぜ、肺炎、認知症、月経異常、血圧異常